HOME>イチオシ情報>自宅の防犯効果を高めるなら鍵交換をしよう

自宅の防犯効果を高めるなら鍵交換をしよう

住宅模型と錠前

鍵交換をするメリット

鍵交換をしたことがない、壊れてもないのに交換する必要性を感じない、そんな人たちに鍵交換のメリットを紹介します。まず、鍵交換することで自分に防犯意識が見につくということが挙げられます。鍵というのは一番身近な防犯システムです。そんな鍵を交換することで希薄になりがちな防犯意識を高め、鍵以外の箇所への注意も向けられるようになります。また、安心感を得られることもメリットの一つとして挙げられます。鍵を交換することで、家の防犯が強化されたことを感じ、より部屋の中でリラックス、安心することができます。

鍵の種類

鍵

防犯性の低いディスクシリンダー

「ディスクシリンダー」と呼ばれる鍵が最もピッキングされやすいとされています。鍵穴がひらがなの「く」のような形になっていて、鍵本体は上下に刻み込みが入っている形をしています。

ピッキングが可能なピンシリンダー

「ピンシリンダー」と呼ばれる鍵は、ピッキングが可能で防犯性が低いとされています。縦向きに鍵穴があり、鍵本体は片側だけ刻み込みが入っている形をしています。鍵の上下が決まっているので差し込みにくいと感じる人が多いようです。

複製が難しいディンプルシリンダー

「ディンプルシリンダー」と呼ばれる鍵は、ほぼ複製ができないと言われていて、ピッキングも比較的難しく、防犯性が高いとされています。縦向きの鍵穴で、鍵本体は表面に凹凸のある形をしています。

防犯性に優れたロータリーディスクシリンダー

「ロータリーディスクシリンダー」と呼ばれる鍵は、ピッキングされにくく、比較的安価で入手可能となっています。鍵穴は横向きで、鍵本体は上下に刻み込みが入ってるものと、表面に凹凸があるものの2種類があります。

鍵を持ち歩く必要なしの生体認証錠

「生体認証錠」と呼ばれる鍵は、指紋や顔などを認証することで解錠するので鍵本体を持ち運ぶことがなく、なくすこともありません。しかし、傷などで認証できない場合があるのが欠点となっています。